連結貸借対照表

資産、負債及び純資産の状況(2021年3月末)

総資産は、投資有価証券の売却により固定資産が減少したものの、債権回収が進んだことなどによる流動資産の増加により3,587億円となりました。
負債は、短期借入金の返済などによる有利子負債の減少により1,274億円となりました。
純資産は、自己株式の取得等があったものの、利益剰余金が増加したことにより2,313億円となりました。
この結果、自己資本比率は63.1%となりました。